IBS Music State

2017年04月11日(火曜日)

クリエイティブ・ディレクター、佐山剛勇さん♪

DSC_2518

 

 こんにちは!木村さおりです

 

 「IBS MUSIC STATE」本日のゲストは、つくば市在住のクリエイティブ・ディレクター、佐山剛勇さんでした!

 

 佐山さんの個展「65歳のロゴ展」が4月11日から茨城県つくば美術館で開催されています。ダジャレ好きなことでも有名?な佐山さんですが、65歳になったらこのタイトルで個展を開きたいと、かねてから企画を温めていたそうです()

 会場には、40年のデザイナー生活で制作したロゴの中から選ばれた、65点の作品が展示されています。どれも日頃から目にしているものばかり!物質・材料研究機構、筑波ハム、カスミグループなどなど、つくば市や筑波大学関連のロゴも多数ありました。

 

 1979年、佐山さんがつくば市(当時は村でしたが)に移住した頃は、住民同士の交流がなく姿が見えない状態まずこの街に必要なのはコミュニティーだと痛感したそうです。街づくりなくしてデザインはできない!と、仲間と「まつりTsukuba」を立ち上げたり、最近では「パンの街つくば」のプロデュース、「つくばスタイル縁日」の実行委員長など街の中のブランドづくりを常に意識しながら、私たちの心に深く刻まれるロゴやデザインを手がけていらっしゃいます。これだけのロゴが一堂に会する機会はまずないので、ぜひ多くの方に観ていただきたいです!

 会期中の4月15()13:40からは「デザイン座談会」も開催されます。ゲストは、アートディレクター・藤代範雄さん、グラフィックデザイナー・倉田稔之さん、ホスト役は佐山さんという豪華メンバーです\(^o^)/展示は4月16()までになります。

 

 次回個展を開催するとしたら、タイトルは「老後のロゴ展」に決めているとのことでした()佐山さん、ご出演ありがとうございました(*^^*)