スクーピーレポート 菊池真衣 佐藤彩希 前田古都 元田芳 水越恭子

2017年04月26日(水曜日)

みんなのタロー@石岡市

担当:

こんにちは!水越です)^o^(!

 

4月15日(土)石岡駅西口に

忠犬タローのブロンズ像ができました!

 

みなさんは見に行きましたか(*^_^*)??

15日はセレモニーが行われ

約300人の方々が集まったそうです!

seremoni-

(お写真は後日、銅像制作者の平田先生が送ってくださいました!)

このブロンズ像は「忠犬タロー顕彰会」の皆さんが

全国から募金を募り、5年の月日を経て完成しました。

予想よりも多くの方から募金が集まったそう。

 

 

タローは昭和39年に石岡で飼い主とはぐれ

それから17年間、駅でその飼い主を待ち続けたそう。

飼い主は、旧鹿島鉄道で石岡市内

の幼稚園に通っていました。

駅ではぐれてしまい、迷い込んだ先の東小の生徒たちに

かわいがられていました。毎朝、毎夕、駅へ行っては

飼い主を待ち続けました。

 

そんなタローの物語を後世につたえようと、顕彰会ができました。

 

忠犬タローのブロンズ像は「みんなのタロー」と名付けられました。

お披露目当日は見にいくことができなかったため

17日に見にいってきました(*^_^*)

 

お昼すぎ銅像の前にいってみると

たくさんの方が、像の前を通っては写真をとったり

足を止めて眺めていました。

 

私もその一人で、近くでみてみると

タローのお顔が優しい柔らかい表情をしていて

なんだか心が温かくなりましたよ(*^_^*)

 

何名も見ている方がいる中、偶然話しかけた方が

顕彰会の方でした!!(゜o゜)びっくり!!(゜o゜)

運命を感じますよね・・・。

しかもその方が顕彰会事務局の佐藤さん、

銅像制作者の平田さんにお声掛けしていただいたようで

急きょ生出演していただけることに!!!!!!!!

忠犬タロー

 

この銅像にはタローについて知ってもらうことのほかに

動物愛護についても皆さんに知っていただきたいとの想いもあるそう。

顕彰会のみなさん、本当にありがとうございました(;O;)

貴重なお話を聴くことができ、

みなさんの優しさに触れることができてう嬉しかったです(;O;)

 

これからは新たな石岡のシンボルとして

みなさんに愛されるんでしょうね(*^_^*)

石岡にお住まいの方にも銅像について伺うと

「石岡のほこりです!」とお話くださいました。

 

是非みなさんも見に行ってみてくださいね(*^_^*)☆

思わず撫でたくなると思います(*^_^*)

 

 

追伸:後日、佐藤さん平田さんからタローのパンフレットと銅像のポストカード(;O;)

パンフレットをお見かけの際は是非手に取ってみてください!

タローのお話や童謡の楽譜なども載っています(*^_^*)

 

taro

 

2017年04月14日(金曜日)

4月3日は趣味の日!!!@土浦市

担当:

こんにちは。水越です)^o^(

改編後、初レポートさせていただきました★

なんてタイミングの良い、

持ってるな~~~と思いましたよ)^o^(

 

そして4月から配布になりました

タイムテーブルはご覧いただけましたでしょうか。

実は…表紙に…水越がぁぁぁぁあ!ひょこっと、登場してますよ)^o^(

さ!ら!に!

中にも「恭子のお元気さん」という記事がございます。

もう、なんて光栄なんでしょうか。嬉し恥ずかしでございますが

是非お時間のあるときに一読いただけると、、とっても嬉しいです)^o^(

私の元気の源をご紹介しているのですが

たくさんあるので悩んだ結果、選ばれた2項目なんです。

その一つに、「戦車プラモ作り」がございます。

 

昨年のスクーピーで出会ってから

すこ~~~~~~しずつ制作しております。

静かな夜に、ひとりで、せっせと組立てます。

まだまだニワカでありますが、温かい目で見守ってください)^o^(

 

私の趣味はプラモデル作りということで

4月3日(趣味の日)の14時10分のレポートは

土浦市にある「丸上模型」さんへ(^○^)☆☆☆

 

なんと丸上模型さん、戦後は昭和22年から

続く老舗模型屋さんだったんです)^o^(!

 

お店はもともと旧中城町にありました。

2年前に現在の真鍋町に開店しました。

 

お店はウッド調の店内で、中に入ると両脇には山積みのプラモデル!!

 


2メートルを超える高さでありました(゜o゜)

戦艦、戦闘機、戦車、昔懐かしいフィギュアやミニ四駆など

た~~~~~っくさんありました!

びっくりしたのは、塗料の品揃えです。

大きな棚いっぱいに、

色がたくさん置いてあるところは珍しいんですよ!

また、この箱を眺めるだけで気持ちがあがりますね☆

なんともたまらない空間。(ここで眠りたいくらい)

 

お話を伺ったのは店主の雨貝さんです!

marujoumokei

お店にあるプラモデルは数知れず!

そんな中注目したのは

レジ脇にあったこちら!!!!!!!

marujou3レトロなクレヨンの箱かと思いきや

昔の模型でした(゜o゜)wow

 

なんと今のプラモデルは

その名の通りプラスチックですが、

始まりは「木」だったんですね(゜o゜)wood

 

この陸奥の模型は木を組み立てていくものなんです!

プラモデルのもとになった

レジェンドにあえたような気持ちになりました。

 

他にも、☆マークでおなじみタ●ヤさんの現会長が

若い頃に考えだしたという☆マークじゃない

タ●ヤマークのついたものも!!!!これはプレミアですね。

☆マーク以外知りませんでして、己の未熟さを実感しました。

 

そういったプラモデルのたどってきた道をも感じることができる、

丸上模型さんへ是非行ってみてくださいね(゜o゜)☆☆

 

雨貝さんありがとうございました★

 

2017年04月07日(金曜日)

祝!FM守谷局開局☆

担当:佐藤彩希

みなさんこんにちは!

 

本日レポートを担当しました佐藤彩希です♪

 

今日、4月7日、茨城放送のFM守谷局が開局しました!

常磐自動車道を通り、わくわくしながら88.1MHzにカーラジオを合わせてみました・・・・

 

き、きこえる!

守谷市で茨城放送をFMで聞くことができる!!!!

 

AMでの放送も味があって良いですが、FMもより良いですね♪

 

さて、そんなめでたく開局しましたFM守谷局があります守谷市からのレポートです。

 

 

午前中は、守谷市板戸井のさくら坂ビバーチェからお伝えしました。

IMG_4417

 

 

IMG_4418

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは、日本なのか?!

と思わせる素敵な外観と店内。

 

作り手の思いを感じ取るために、農家に野菜を仕入れに行っているそうです。

なるべく地元産の野菜をということも心がけています。

 

11時の開店とともに多くのお客様が来ていて、みなさん笑顔ですごしていました。

IMG_4420

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵なお話をありがとうございました!

 

 

さて、午後のレポートはこの春から木曜日と金曜日が15時20分~に変更になりました。

 

午後のレポートに備えて、まずは体力をつけませう!

ランチです!

IMG_4421

 

 

 

 

 

 

 

 

立ち寄った店先に咲いていたチューリップを愛でるドライバーことちゃん。

 

IMG_4422

 

 

 

 

 

 

 

お店の前の広場には、よーーく見ると紫の花が!

 

なんの花でしょう・・・?

気になると質問してしまうわたしたちはお店の方にたずねました。

 

「だいこんの花ですよ。」

 

 

え??!

だいこんの花って紫だったんだ~~~~!!

 

勉強になりました。

 

 

元気いっぱいになった佐藤前田コンビは、

守谷市みずき野のさくらの杜公園へ!

 

こちらでも88.1MHzよーく聞こえました♪

IMG_4423

 

 

 

 

 

 

 

午前中の雨はいったいどこに!?

と思うくらいキレイな空が広がっていました♪

 

 

今後も茨城放送をよろしくお願いします(^^)/

2017年04月05日(水曜日)

バロンピック@行方市

担当:

こんにちは。水越です)^o^(

いよいよ春ですね。

 

さて、

3月25日(土)行方市からバロンdeピック!をお届けしました。

 

 

この日は高次能機能障害で

2014年 全国障害者スポーツ大会「長崎がんばらんば大会」の陸上競技

1500メートル走に入賞された横瀬雄平さんをご紹介しました!

 

 

横瀬さんが陸上競技に興味をもったのは

中学1年の冬にみた“箱根駅伝”でした。

 

箱根を颯爽と駆け抜ける選手に魅せられ走りたいと思ったそう。

 

 

中学時代はバスケットボールに取り組んでいた雄平さん、

県立リハビリセンターに通っているときに

リハビリの先生に「長距離が合うのではないか」という

薦めがあって本格的にはじめられたんだとか!(゜o゜)

 

 

雄平さんは

小さい頃から、お父さま、弟さんと一緒に体を動かしていました。

 

スポーツが身近にあった環境が

現在の雄平さんにつながっているんですね。

 

 

また、障がい者就労支援センターに通っていた時は

片道13キロ、時間にして30分くらいの道のりを

天気にかかわらず毎日自転車で通っていたそうです(゜o゜)!

 

 

現在は弟さんの経営するパン屋で働きながら

時間をみては走ったりしているんだとか。

 

 

 

最近ではセンターの皆さんとご家族と一緒に

皇居の周りをランニングしたり、

ご家族で富士登山にチャレンジしたそうです!

これから暖かくなり、ますますスポーツが

楽しめる季節になりますしね(*^_^*)

 

 

中継の最後に雄平さんから

2019年茨城国体、2020年東京五輪・パラへ向けて

がんばります!!」という力強いお言葉をいただきました★

 

 

今後とも勝手ながら応援させていただこうと思っております!

大会が楽しみになりますね(*^_^*)

 

ばろんぴっく

 

障がい者就労支援事業所フリーダムの皆さん

お父様、弟のたつやさんと☆(*^_^*)

みなさんありがとうございました!

2017年03月28日(火曜日)

元田のチアスポーツ第7回☆

担当:

昨日の午後のレポートは、

「元田のチアスポーツ!」をお送りしました♪

 

スポーツを頑張っている団体や選手をご紹介していくもので、

特に2019年のいきいき茨城ゆめ国体に向けて

活動されている方々を応援しに行く企画です。

 

本日お話を伺ったのは、

茨城県スケート連盟スピード部

小田卓郎選手藤野裕人選手小川拓郎選手冨田裕香選手です!

 

 

みなさん日頃から一緒に練習や遠征などに行かれているということで、

打ち合わせからとても和気藹々とした雰囲気でしたよ(*^_^*)

 

 

まずは小田選手にお話を伺いました。

 

小田選手は(株)開発計画研究所所属、

北海道出身の24歳です。

今年行われた2017冬季アジア札幌大会では

1000m 優勝(大会新・アジア新・国内最高記録)

1500m 2位(大会新・アジア新) という成績を収めました。

 

レースの様子を見てみますと、小田選手の特徴の1つは

スケート靴が右と左で違う色(右が赤色、左が緑色)を身に着けているということ。

これはそれぞれ調子の良かった時の靴を履いているためで、

他の選手にはなかなかいない、小田選手のこだわりだそうです。

 

みなさんもぜひレースを観戦する時は、

このトレードマークに注目してみてください(^^)

 

またプライベートの事を聞いてみますと、

茨城県に移ってからは1年が経ったということですが、

練習などのため、なかなか県内を自由にお出かけできていないそうです。

ただ最近『ガールズ&パンツァー』にはまっているということで、

大洗にはぜひ行きたいとお話していました!

 

今後の目標としては、

まずは来年の平昌オリンピック、そして2年後の茨城国体でメダルを取ること。

これを目指して練習に励むと仰っていました。

 

終始気さくにお話してくださり、写真を撮る時も笑顔でこたえてくれましたよ(^o^)

 

IMG_1067

 

 

 

続いては、藤野選手に伺いました。

 

藤野選手は茨城県競技力向上対策本部所属、

北海道出身の23歳です。

今年行われた全日本スプリント選手権大会では

初日 1000m1位、2日目 1000m1位(国内最高記録)、総合4位でした。

 

小田選手とは同じ種目を走るライバルだということで、

大会などではお互いを意識し合うこともあるそうですが、

日頃は練習後も一緒に食事に行くこともあるくらい仲が良いそうですよ!

 

そんな藤野選手がスケートを始めたのは家族の影響からで、

3才の頃にはスケートを滑っていました。

当時はスケート教室などではなく、独自で滑ることを学んでいったそうです。

 

またレース前に必ずしていることは、音楽を聴くということ。

特にロック系の曲を聴いて気持ちを高めているということです。

 

今後の目標としては、

平昌オリンピックと茨城国体の両方で必ず結果を出すとお話していました!

 

藤野選手は終始落ち着いた様子で質問に答えてくださったのですが、

ライバルと言っていた小田選手との会話の掛け合いは抜群のコンビネーションでしたよ(^v^)

 

IMG_1068

 

 

 

続いては小川選手です。

 

小川選手はabcdrug&pharmacare所属、

北海道出身の21歳です。

今年のジャパンカップスピードスケート競技会 第4戦では

1500m 8位、5000m 優勝(リンクレコード)。

 

実は高校生になるまで野球や陸上といった他の競技にも取り組んでいました。

高校生になってからはスピードスケートに絞って活躍活動されているということです。

 

そんな多才な小川選手ですが、実はもう一つの特技が「けん玉」。

 

中学3年生の時からけん玉を取り入れたそうで、

遠征先や、更にレース前にもけん玉をすることで

集中力が高まった状態でそのままレースに臨めると仰っていました。

その腕前はかなりのものだということですよ!

(この日は荷物の関係でけん玉をお持ちでなく、見ることができませんでした(>_<))

 

小川選手はみなさんへのメッセージとして、

オリンピックに国体と、強くなれるように頑張るので応援をお願いします!

と力強くお話してくださいました!

 

IMG_1069

 

 

 

そして最後に富田選手に伺いました。

 

冨田選手は大東文化大学所属で

茨城県水戸市出身の19歳。

第72回冬季国体では、

成年女子1500m 7位、3000m 9位でした。

 

唯一の県内出身の富田選手は、

県内の教室でスケートを学び、10年間茨城県で活動していました。

 

また富田選手は大学生ということで、学業と両立しながら練習に励んでいます。

そんなハードなスケジュールの中競技に取り組んでいますが、

特に地元の茨城では人の温かさを肌で感じてきたということで、

県内での活動は思い入れが強いとお話していました。

 

そしていつも大事な試合の前には、

お世話になった先輩からもらったハンカチをお守りにしています。

多くの方々の支えを日々感じているということです。

 

今後の目標については、

数少ない茨城出身の選手。茨城出身でもここまでできるんだということを、

茨城国体では見せつけたいと仰っていました。

 

富田選手のきらきらとした笑顔に、こちらまで元気をいただきました!

 

IMG_1061

 

 

みなさんの温かい雰囲気に包まれて、笑顔の絶えない時間でした。

 

IMG_1060

 

 

 

2年後の茨城での国体、そして来年の平昌オリンピックでの

みなさんの活躍が楽しみですね!

私たちも全力で応援していきましょう!!!