スクーピーレポート 菊池真衣 佐藤彩希 前田古都 元田芳 水越恭子

2017年01月10日(火曜日)

つづく農園@常陸大宮市

担当:

こんにちは!水越です)^o^(

 

東京から茨城へ移住し

いちご農園をはじめられたという都竹大輔さんにお話を伺いました

 

都竹さんは12年前に御前山の景色にひとめぼれして常陸大宮へやってきました。

 

当初ブルーベリーを作ろうと考えていたそうですが

1年間の農業研修中にアドバイスをうけ

イチゴを作ることに決めたそうです。

実際にイチゴを作ってみると想像以上に大変だったそう。

環境が変わり、わからないことだらけで

不安でしかなかったそうです。

 

そんな時、都竹さんが思いついたのは

「自分達のことを知ってもらうための新聞をつくろう!」

家族紹介と農業を始めるための土地探し、といった内容でした。

工夫をしつつ新しい土地へ慣れていったんだそうです。

 

そして土地が見つかりイチゴを作りはじめました。

最初は、とちおとめ と あきひめ の2種類の栽培でした。

現在では7種類ものイチゴを作っているそうです!

つづく農園さんではイチゴの摘み取り体験を行っていて

その7種類を食べ比べできちゃうそうですよ)^o^(

 

農業を初めてよかったことは、

中学生の頃に職業体験で来た子が

農業をはじめるため農業研修に来たことだそうです。

嬉しくて涙がでたとおっしゃていました。。。

こうして繋がっていくんですね!

 

また都竹さんにはがあるそうで

国道123号線沿いを「いちご街道」にすることなんだそう!

農業大学で講演をしたりして、

農業を始める方を増やしていく努力をされているそうです(*^_^*)

いちご街道になるのが楽しみです(*^_^*)

 

今もチャレンジを続けている都竹さん。

新しいことを初める方へ

失敗することを恐れずチャンスを逃さないこと

ちょっと勇気をだしてチャレンジすることが大切!」とお話くださいました。

水越、心に刻みました。。。

一歩踏み出すことが大切なんですね!

都竹さんありがとうございました!わんちゃん

 

農園にいくとお出迎えしてくれました(*^_^*)

カワイイ…

つづくさん

 

 

最後につづく農園の皆さんと☆

まだまだイチゴの季節楽しみたいですね(*^_^*)☆