スクーピーレポート 菊池真衣 佐藤彩希 前田古都 元田芳 水越恭子

2017年02月15日(水曜日)

水戸市の雛人形展☆

担当:

こんにちは!

月曜日にレポートを担当した元田です!

 

この日の午前のレポートは、

水戸市の茨城県護国神社の

「明治~昭和 懐かしの雛人形展」に行ってきました(^_^)

 

お話を伺ったのは、

茨城県護国神社権禰宜、中野さんです。

 

IMG_0825

 

 

こちらでは自宅で飾ることができなくなった雛人形を

地域のみなさんが奉納して展示しています。

 

展示されている数はなんと約50セット、

人形は約700体ほどあるんだそうです!!

 

今回で13回目となるこちらの雛人形展ですが、

明治や大正期に作られた雛人形から近代のものまで見比べることができるほか、

関東と関西などといった、地域によっての違いも楽しめるのが魅力なんです。

 

見てみると、時代によって大きさが異なっていたり、

お人形の位置が違ったりするんです!

 

人形の近くにはとてもわかりやすい解説も書いてあるので

見ていてとても勉強になりますよ(*^_^*)

 

また、天井にはつるし雛教室のみなさんが作られた

つるし雛が飾られていて、非常に華やかです。

 

IMG_0826

 

 

近年では雛人形を飾らない、

または飾ってもお雛様とお内裏様だけといったご家庭が多いかもしれません。

 

でもあらためてこうして雛人形を見て

日本ならではの伝統に触れるのもとてもいい機会だと思います。

 

また見に来ていらっしゃった方にお話を聞くと、

こちらで雛人形を見ているとご自身の雛人形の思い出が蘇ってくるということでした。

特にお人形を出し入れしている時の「家族の会話」が

かけがえのない大切な時間だったと振り返っていました。

 

お話を伺って、私も家庭の中で毎年決まった行事を行うことの大切さを実感しました。

 

 

さらにこちらには「見る」だけではなく、

「おひなさま絵馬」と言って、絵馬にお雛様の形に折り紙を折って貼り、

お願いごとなどを書いて完成したものを飾ることができます。

「参加型」になっているので楽しいですよね!

 

「明治~昭和 懐かしの雛人形展」は

茨城県護国神社にて3月の下旬まで行われているそうです。

 

ぜひみなさんも行ってみてください♪