スクーピーレポート 菊池真衣 佐藤彩希 前田古都 元田芳 水越恭子

2017年01月28日(土曜日)

ことこと、前田は散歩をするよ。~石岡中町商店街編

担当:

21日(土)午後のスクーピーを担当した前田古都です!

今回はコトコト、散歩!!!!

…番外編です。

この日は石岡にお邪魔しました。

駅前をスクーピーカーで走っているととっても素敵な街並みが見えたのです。

石岡駅からほど近く、国道355号を笠間方面へ向かう途中にある中町商店街。

ここには歴史的情緒が色濃く残っていました。

20170121_142631

どんな場所なのか今回は石岡歴史ボランティアの斎藤昌子さんにガイドいただきながらぶらり歩いてまいりました。

この中町商店街、昭和4年に大火があり、その大半の店舗が焼失してしまったそうです。

現存する建物はそういった大火にも耐えうることのできる当時の技術を結集したものが多いとのことでした。

その建築としてあげられるのが看板建築!モルタル、銅など日に強い素材を使って建築しているそうです。

そして「看板」と銘打つのは建物自体に屋号が組み込まれているからだそうです!

20170121_142717_000

 

このように!

それまで歩道に並べられていた立て看板を建物の上部に持ってくることで遠くの人の目をぱっと引けるだけでなく、歩道もすっきりさせることに成功したとのことです。

これは当時としては画期的だったのではないでしょうか…。

しかもこの二つの看板建築どちらもパルテノン神殿のようなギリシャ建築感があるんですよね…。それぞれ下駄などを扱う履物店、和雑貨店なのに外観は非常にモダンなんです。

このアンバランスがより一層この商店街の情緒を盛り上げているように感じます。

20170121_142647

そして三軒目にお邪魔した福島屋砂糖店さん。

こちらはまさに時代劇に登場するような建物の面差しです。

しかしこの建物、コンクリート製!!!

昭和初期に建てられたということで当時としては珍しかったそうです。和式の様相で材料はコンクリート。

ここもまたそうそうない取り合わせでした。

今回中町商店街をお散歩してみて感じたことは変わらないものをこそ美しくそこにあれど、変わっていくものも優しく受け入れる場所だなというものでした。

古き良き伝統をまもり つつも、新たな店舗さんに看板建築を貸し出したり、お客様も地元の方々から観光客の方々にシフトしたり。

時代の流れを経てもこの空気はずっと守られていくのではないかなと思いました。

IMG_2945

 

2017年01月28日(土曜日)

友部相撲少年団@笠間市

担当:

こんにちは。水越です)^o^(

1月28日(土)は

友部相撲少年団】の練習にお邪魔しました!

tomobe2

この日は比較的暖かかったとはいえ

まだ1月で風も冷たかったです。

そんな中でもまわしを締めて練習されていました。

年長さん~中学生までの13人が練習に参加!

皆さんとっても元気いっぱいでした。

 

冬の練習は週に1度。2時間ほど行うそうです!

温かい時期は週4日練習を積むとか。

この日は、準備運動から始まり

四股を100回、すり足、押し稽古、学年別に申し合い稽古のメニュー。

すり足や押し稽古を間近で拝見しましたが

子供達とはいえ、力士ですね。とても力強かったです。

相手の胸にあたる音が響いていました。

 

また子供達はしっかりされてました。

インタビューも大きな声で受けてくださって

気持ちが良かったです(*^_^*)

相撲をはじめたきっかけは

スカウトを受けてという子や親御さんのすすめなどさまざまでした。

ですが子供達は相撲をしていて「楽しい!」そうです(*^_^*)

 

この日指導されている古山さんは

「相撲を通じて心の面を鍛えてほしい」とお話くださいました。

 

また関東大会や全国大会に出た子がいたり

それぞれが大会で入賞経験ありということでした!(*^_^*)スゴイ!

6月ごろには小学4年生から6年生を対象にした

大会があるそうなので、ぜひ頑張っていただきたいです☆

tomobe

最後に皆さんで!

友部相撲少年団のみなさんありがとうございました!

2017年01月28日(土曜日)

ことこと、前田は散歩をするよ。~鹿嶋編

担当:

ずいぶんと前に新年明けましたね、おめでとうございます。

1月7日(土)、21日(土)とお散歩レポートをして参りました。前田古都です。

7日は待望の!!!

第二回コトコト散歩企画

21日は企画抜きにただただ前田の趣味にひっぱりこんだお散歩でしたね。笑

それぞれ振り返ってみます。

 

まずは1月7日(土)。

この日は久々に鹿嶋方面へ。

鹿島神宮駅に行ってみるとたくさんの祝優勝鹿島アントラーズのノボリ!!!

鹿島アントラーズ、素晴らしい結果を昨年は残しましたもんね。

Jリーグ、天皇杯優勝にあのレアルと競り合って延長戦!!

スポーツにさほど明るくない私ですら知っていますから本当に本当にすごいことです。

そんなわけで2時台はぶらりと鹿島神宮参道のお店の方々に「盛り上がっていますか?」とお話を伺いに回りました。

この日はまだお正月ムードが残っていて参拝者さんが参道には多く見受けられました。

最初にお話を伺った「ホテルがんけ」さんのおかみさんも試合に際してライブビューイングを行い市民みんなで盛り上げたということでした。

老若男女問わずアントラーズが愛されていることを知れました。

さて、まだお正月ムードの残る参道、「ギャラリー鹿嶋人」さんの店頭では寒い中、お父様が素敵なお土産を販売していらっしゃいました。

普段は店内で鹿嶋市民の皆さんお手製の布製品や工芸品などを扱うギャラリーだそうですがお正月期間限定で店頭でのお土産販売をしていたとのことでした。

そのお土産というのは、古代米を使った揚げおかき「鹿嶋神の道」。ここでしか購入できないんだそう!

お参りに来た方々に大好評の逸品でした。お父様お寒いのでご自愛くだされ~。

そして最後にお邪魔したのは「ミニ博物館ココシカ」さん。

少し急な木の階段に玄関は木札タイプの下駄箱が並びます。昔ながらの旅館のような趣です。

ここは鹿島神宮についてを知ることができる博物館。空き店舗だったそうですが現在は鹿島神宮を伝える場所となっているようです。

奥様にお話を伺ううちにどうやら今日、鹿島神宮でオウメサイなるものが執り行われることを知りました。

どんな行事なのか3時台は鳥居の先、鹿島神宮へと向かいました。

 

IMG_2755

オウメサイについてご教授くださったのは権禰宜の中嶋さんです。

オウメサイとは漢字をあてると「白馬祭」!

馬!!!

これは昔、昔は遥か大昔、新年に馬、殊に白馬を見ることでその年の邪気が払われるという言い伝えから始まった神事です。

もとは宮中行事だったということですがそれが神事となり鹿島神宮にも鎌倉時代にもたらされたとのこと。

非常に伝統のある行事だったのですね。

鹿島神宮の境内にお祓いを受けた馬たちをぐるりと歩かせ、神様に馬を見せ、そして参拝者の邪気払いをするといったものです。

最近ではその馬たちが歩く道にハンカチなどを置いて踏ませ、持ち帰りご利益を願うといった民間信仰もあるんだとか!

この日も多く参拝者が見受けられ皆さん馬さんの登場する時間を今か今かとお待ちになっていました。

ちなみに、楼門の外に時間まで馬ちゃんたちは大気していたのですがとってもがっちりとしていて綺麗でした。

IMG_2753正面からは撮影できなかったのですが…。

さすが神事に登場する馬さん。おしりまで神々しい…。後光が差しておる…!

アントラーズ効果はもちろん由緒ある鹿島神宮のある鹿嶋市はとってももりあがっているなと今回のコトコト散歩で実感することができました。

 

 

 

 

2017年01月20日(金曜日)

雪がひらひら・・・・

担当:佐藤彩希

みなさんこんにちは!

 

本日レポートを担当しました佐藤彩希です☆

 

今日の水戸市内、朝9時前からちらちらと雪が降り始めました・・・・!

9時半ごろにはちょっと大きめのふわふわとした雪が降りました。

昼ごろには雨に変わりましたが、ぶるぶると震える一日でしたね(><)

 

さて、今日の午前、HAPPYパンチ!内のレポートは

水戸市の南町商店街「南町キッチン」にお邪魔しました。

 

IMG_4159

 

オレンジ色の看板に木目調のドア。

店内は間接照明と落ち着いた色のテーブルとイス。

 

リラックスできるカフェのようなお店でした。

 

この南町キッチン、なにがびっくりって

日替わりでお店が入るんです!

 

一つのお店が日替わりメニューを出す

のではなく、

お店が日替わり

なんですね~。

 

中継をした金曜日はカレーの日でした。

写真にあるカレーはバターチキンです。

 

スパイスを混ぜ合わせてつくるカレーは

とっても特別な味がしました♪

 

そして、ナンが大きい!!!

 

FullSizeR

 

ナンだこの大きさは!\(^o^)/

 

土釜で焼き上げるナンは香ばしく、甘さもありました。

 

月曜日と火曜日は、中継でお話を伺ったみやざわさんの

薬膳料理が食べられます♪

 

IMG_4154

 

水戸に来た時にはぜひ立ち寄ってみてください!

 

——————————————————————

午後のスマイルスマイルプラスiの中継の時間は水戸市の西部図書館にお邪魔しました。

こちらの図書館では「託児サービス」を行っています。

 

図書館で、託児?!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

本をゆっくり読みたいけど、うちの子図書館で騒いじゃったらな・・・

そんな風に悩まれているお母さんお父さんをサポートしてくれるシステムです。

 

曜日や時間は限られますが、保護者の方が本を選んだり読んだりしている間

保育士や幼稚園教諭の方がお子さんの面倒をみてくれます。

 

中継の時間にも2人の男の子がいました(^^)

 

一緒にお絵かきしたり、電車で遊んだり・・・

 

なんと西部図書館では、館長さんもお子さんをあやしていたのです・・・!!!

なかなか泣き止まなかった子も館長さんが抱っこすると・・・泣き止んだ・・!!!

 

託児だけでなく、お母さんやお父さんの育児の相談も聞いてくださるそうです。

なかなか、ご近所に相談できない・・・

そのように悩んでいる方は、ぜひこのサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

 

水戸市内を満喫した一日でした♪

2017年01月18日(水曜日)

元田のチアスポーツ第5回☆

担当:

月曜午後のレポートは、

月1回の企画、「元田のチアスポーツ!」をお送りしました!

 

スポーツを頑張っている団体や選手をご紹介していくもので、

特に2019年のいきいき茨城ゆめ国体に向けて

活動されている方々を応援しに行く企画です(*^_^*)

 

 

今回は、水戸ホーリーホックアイスホッケー部

室谷徹選手、今村健太郎選手にお話を伺いました!!

 

IMG_0668

 

 

水戸ホーリーホックアイスホッケー部は、

2013年9月に発足したチームです。

こちらに今季から加わったのが室谷選手と今村選手です。

 

 

室谷選手は富山県出身で、

アイスホッケーを始めたのは5歳から。

 

水戸ホーリーホックアイスホッケー部の前は

栃木県のクラブに所属していました。

 

アイスホッケーは全身を使う激しいスポーツで

体力やメンタル面も鍛えなければならないため、

競技を続けていくことで大切にしていることは

「とにかく楽しくやること」です。

 

他の選手とコミュニケーションを積極的に取ったり、

オンとオフの切り替えを意識しています。

 

また室谷選手は高校が水戸市であったこともあり、

現在茨城に戻ってきてその環境の良さを実感するそうです。

 

 

今村選手は北海道出身。

お父さんの影響で、競技を始めたのはなんと2歳から。

小さい時からアイスホッケーとふれていたため、

幼いころも防具で遊んでいたそうです。

 

アイスホッケーと共に人生を歩んできましたが、

ここまで続けてこれたのも、やはりホッケーが好きだからとお話していました。

ホッケーを好きでいるためにも、

今村選手も「楽しく学ぶこと」を大切にしているということです。

 

 

そして水戸ホーリーホックアイスホッケー部のチームの特徴としては、

仲が良いということだそうです。

 

お二人もプライベートでも一緒に過ごすことが多いそうですが、

意外にもオフの時は競技に関することはほとんど話さないそうです。

ただ、そうしてコミュニケーションをとることは

競技に与える影響も大きいとのこと。

 

現在は今月27日からはじまる国体に向けて、

チーム一丸となって結束を強めています。

 

今回の国体の目標は、ベスト4を目指すということ。

そして3年後のいきいき茨城ゆめ国体では優勝を目指します!!!

 

と意気込みを語ってくださいました☆

 

今回取材させていただいた、笠松運動公園のアイススケート場では

練習試合を含め、試合を行う機会が多いので

みなさんの応援を心よりお待ちしているとのことです(^o^)

 

みなさんで一緒に応援しましょう!!