「雨引の里と彫刻2019」♪

2019年04月02日(火曜日)

「雨引の里と彫刻2019」♪

こんにちは!木村さおりです。

つくばも寒い一日でした💦

本日のゲストコーナーは、

桜川市で開催中の「雨引の里と彫刻2019」について、

実行委員で出展作家の鈴木典生さん、

展示の関連イベントを運営している「桜川未来塾」の海老沢敦さんにお話を伺いました!

 

1996年から始まり今回で11回目となる「雨引の里と彫刻」4年ぶりの開催となりました。

しかも、春から初夏の開催は13年ぶり!

雨引の自然や山桜とともに、38名の作家さんの様々な素材を用いた作品(オブジェ)が、

雨引を舞台に一堂に展示されています。

全行程はおよそ13キロ!鈴木さんお薦めの巡り方は、レンタサイクルでの散策だそう!

自転車はインフォメーションセンターがある大和ふれあいセンター「シトラス」で借りられます。

期間中には、4月6日(土)にオープニングセレモニー、

4月14日(日)と5月26日(日)には、作家さんの解説つきバスツアーも!

バスツアーの日には「桜川未来塾」が、コース内にある「桜川ビレッジ」でイベントも行います。

海老沢さんによると、新たに「ぐるっペさくらがわ」という団体の皆さんも仲間に加わり、

雨引の里と彫刻を盛り上げているそうです!
地元の皆さんと作家さんが手を取り合いながら続けてきた素晴らしい彫刻展です。

「雨引の里と彫刻2019」について詳しくは、ホームページをご覧ください。

鈴木さん、海老沢さん、ご出演ありがとうございました(^^)