渡仏前インタビュー!

最近の記事

バックナンバー

2018年02月28日(水曜日)

渡仏前インタビュー!

こんにちは!水越です)^o^(

 

2018年も2か月経ってしまうんですね。

もう2月も終わるころに

茨城町出身の自転車競技選手の

篠原輝利さんにインタビューしました(^○^)

篠原選手2

現在、中学3年生。

目標はツール・ド・フランス総合優勝

世界最高峰のレースと言われていて

日本人選手はまだ優勝経験がないんです。

 

そういった大会で優勝するため

卒業後は自転車競技の盛んなフランスへ行き

本格的に自転車競技に取り組むそうです。

 

まず最初の1年は

フランスの言語や生活に慣れることに集中するとか。

日本とは違った環境での生活に慣れることが

競技に集中できるようになるためだそう。

 

また、3か月ずつフランスと日本を行き来しながらの生活になるそうです。

フランスにいる間は、美味しいパンを食べながら

篠原選手が見るフランスの景色を

カメラに収めSNSなどにアップしていく予定だそう。

 

実際に走っている景色を

多くの人に見てもらいたい!という思いもあるそうです。

 

実は以前にも

スクーピーで取材させていただいているのですが

わずか半年たらずで篠原選手が頼もしくなっているのがわかりました。

元々しっかりされている方だなーと思っていましたが

ぐっと大人びた感じになっていました。

本当に頼もしく、背筋がピンとしていましたね。

ぐっとかっこよくなりました。

 

その姿にいよいよ次のステージへ

進んでいくんだなーと感じましたよ(*^_^*)

 

中継後、実際に篠原選手の走っているところを

見学させてもらいました!!!!!!

篠原選手

笑顔で手を振ってくれました(*^_^*)

走った場所は山だったんですが

登りを30キロ近くの速さで走っていきました。。

軽々と登っていくので驚きでした。

すーーーっと登ってしまうんですよね。。。

いやぁ…本当にかっこよかったです。

 

フランスでの生活が始まりますが、

日本から応援していきたいと思います(*^_^*)☆

ガンバレ篠原輝利選手!!

 

2018年02月20日(火曜日)

100年の歴史を感じて

ごきげんよう!

めずらしく月曜スクーピー担当だった、菊地真衣です。

 

午前中は創建100年を迎えた【共楽館】についてお届けしました。

取材に行ったこの日は、今回お話を伺った

共楽館を考える集いが発足した日ということで、縁を感じざるを得ません。

 

佐藤さんと鈴木さんにお話を伺いました。

P2208446

100年前、鉱山で働く人とその家族を楽しませるために、

日立鉱山の創業者、久原房之助が作った娯楽施設が、

この共楽館です。

P2208421

正面から見ると、左右対称の湾曲した「唐破風」の屋根。

どこかで見たことありませんか?

東京の歌舞伎座と同じつくりなのです。

 

それもそのはず。

ここはかつて、

歌舞伎や相撲が楽しまれていたのだそう。

 

多いときにはここに4000人がつめかけたとか。

 

柱のない、つり天井づくりのこの建物は、

鉱山技師と青森の宮大工による、まさに匠の技。

モノづくり日立の原点。

 

天井を見上げると格子状に組まれ、

ひとますに2枚の畳が入る大きさとのこと。

 

 

屋根の素材になっているのは、瓦?と思いきやトタン。

建物内に柱がないことから、屋根には軽い素材を採用しているそう。

でもそれを感じさせない重厚感には驚きです。

 

今は武道館になってしまっているこの共楽館。

かつては立派な回り舞台と花道があったそうです。

 

 

 

かつての共楽館の姿、見てみたいものです。

 

この100年という歴史の中で、

何度も災難に見舞われそうになりながらも

すべて回避してきた

奇跡の歴史建造物、共楽館。

 

 

 

焼夷弾、大地震、火災など、

すべての災難を免れたのには、

もしかしたら、鉱山の守り本尊の力があったからかも?とも言われているようで、

そのご本尊とは、赤澤不動尊 です。

ご本尊は、もともと、不動滝の滝つぼにあったそう。

 

そのご本尊にお社を作ったのが

共楽館も作った久原房之助。

P2208466

キンと冷えた空気と木々の中にある

赤澤不動尊と不動滝。

日立鉱山を支えた歴史を感じながらお参りしました。

P2208464

そして、

共楽館の近くで、

レンガ?のような、でも違うような・・・

というものを発見し聞いてみると、

鉱物を精錬した後の「かす」を使って作られた

『カラミ煉瓦』だと教えていただきました。

P2208432

赤茶や黒、さび色が混ざったような複雑な色をしていて、

つやがあります。

P2208429

聞かなければ知らないままただ見過ごしていたかもしれません。

 

日立には、

鉱山とともに歩んだ歴史が、

いたるところにありました。

 

これからも新たな発見をしていきたいです!

 

 

 

 

2018年02月08日(木曜日)

守谷市へGO!

みなさんこんにちは!

最近スクーピーレポートのブログの更新が少なかった佐藤です・・・

 

さぼっていたとかではないですよ!決して!

 

2月7日(水)にレポートを担当しました。

午前午後とも守谷市に行きました~♪

 

午前のHAPPYパンチのテーマは

「短い」

守谷駅にて「短い」エピソードをうかがいました。

 

髪を短くしていないと落ち着かない大学生。

手入れが面倒だから短髪がいいというご婦人。

気が短くならないように気を付けています。

などなどエピソードをうかがっていると・・・・

 

HAPPYパンチにメッセージを送ってくれた

リスナーさんが来てくださいました(^^)/

 

ご結婚までのスピーディーなお話を伺いましたよ♪

 

 

午後のIBS Music Stateのテーマは

「こだわってます」

守谷市内でこだわっている人を探しました♪

 

たどり着いたのは「いばらきベーグル」というお店。

IMG_1367

 

おいしそうなベーグルが(^o^)!!!!!!

 

中継ではトースターで温めてからいただきました~~~!!!

 

店内ではベーグルサンドも作ってくれますよ!

 

IMG_1368おいしそうでしょ!

おいしいんですよん~!!!

 

お子さんが小さいころ卵アレルギーがあったそうです。

 

ベーグルは卵を使わないので趣味の延長で作ることに。

食材も基本的に地産地消を心がけています。

 

ベーグルってオーブンに入れる前に一度ゆでるんですよね!

だからこそあのもっちり感がでるのです・・・!!!

 

守谷市に立ち寄った際はぜひ「茨城ベーグル」さんへ!

 

2018年02月06日(火曜日)

カラーワイヤクラフトについて☆

こんにちは^^

月曜日にレポートを担当した元田です!

 

さあ月曜日の午後は茨城県で

カラーワイヤクラフトの作家さんとして活動されている

カラーワイヤクラフト・アートクラフトマイスター

四栗里美さんにお話しを伺いました♪

 

20180205-4

 

 

カラーワイヤクラフトとは、

様々な色や太さ、硬さのワイヤを使って作品を作っていきます。

 

この日は小美玉市にある小美玉文化センターアピオスで行われている展示会で

四栗さんの作品を見させてもらいましたよ(^_^)

 

 

天使の羽のようなランプや

 

20180205-2

 

 

カラフルな置物

 

20180205-3

 

 

そして仮面やメガネなどかっこいい雰囲気のものまで

 

securedownload20180205-1

 

 

 

カラーワイヤクラフトで様々な表現ができるということなんです!!

 

 

 

私もいくつかワイヤを触らせてもらったのですが、

種類によって触った感触や曲げやすさが全然違うので

自分が表現したいものによって使い分けることができるそうなんです。

 

 

四栗さん自身も様々なイベントに出たり、

教室も開催しているとのことで、

まずはみなさんにこのカラーワイヤクラフトの事を知っていただき、

手に取って体験してほしいとのことでした!

 

 

興味のある方はぜひチャレンジしてみてくださいね☆