IBS茨城放送 食プロジェクト

IBS茨城放送 食プロジェクト

ラジオ放送を通じ、東日本大震災時の原発事故による風評被害の払しょくと、茨城の食材の魅力を高めようという取り組みで、2013年にスタートしました。茨城県内のさまざまな「食」の資源を紹介しながら、「食」を盛り上げると共に、「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律」の一部施行に伴う、6次産業化に対する各地の取り組みにもかかわってきました。新たな商品の開発、そして、地域を取り上げていくなど。このトレンドを鑑み、今後も、茨城県内の各地域、企業団体との連携強化につながる取り組みとしていきたいと考えています。

最近の記事

バックナンバー

2019年03月11日(月曜日)

「いばらきの、生産者さんこんにちは。」、坂東市「レタス」JA岩井青年部長の保田浩征(やすだ・ひろゆき)さん!

2019年3月11日の「いばらきの、生産者さんこんにちは。」は、坂東市から、「レタス」の生産者のご紹介でした。メッセージは、坂東市のJA岩井青年部長の保田浩征(やすだ・ひろゆき)さんでした(上の写真がご家族そろって)

 

 

   

 

茨城といえば、穏やかな気候と水はけがよく、レタス栽培が盛んです。苗は、1つ1つ手で土に植えられます。畑にはシートが敷かれています。雑草を防ぎ、土の温度を安定させるためです。

 

レタスの大産地といえば坂東市です。8月に種をまき始め、9月に苗を畑に植えつけ、10月に最初の収穫を行います。種まきの時期を少しずつずらしていくことで、長期間、安定した出荷ができます。また、東京都内などに近いため、採ったレタスを新鮮なうちに店に届けられます。消費者にすぐに届けられる利点を生かし、たくさんのレタスが作られています。JA岩井の生産者でつくるブランドレタス「惚レタス」は、みずみずしく鮮度感があり、葉肉が柔らかくて、高い評価を得ています。

 

 

 

若手生産者の保田さん、実は坂東市が今月31日まで、東京・新宿で行っている「農業の魅力を伝えるPR映像」にも出演しています。

 

   

 

30代や40代の子育て世代に向け、坂東市への移住を提案しています。保田さんがつくる坂東のおいしいレタスで、坂東のよさを感じてください。

2019年03月11日(月曜日)

「いばらきの、生産者さんこんにちは。」常陸大宮市の 「さといも」の生産者、「まるSUN農園」の佐藤まどかさん!

2019年3月4日の「いばらきの、生産者さんこんにちは。」は、常陸大宮市から、「さといも」の生産者のご紹介でした。メッセージは、常陸大宮市盛金(もりがね)に住む「まるSUN農園」の佐藤まどかさんでした(上の写真はご主人と、下の写真が家族写真)。

 

   

 

ここ数年、農家出身でない若者が農業を始めるケースが増えていますが、佐藤さんもそんな1人です。アパレル業界で働いていた佐藤さんが、音楽の仕事を志していたご主人と農業の世界に飛び込んだのは、7年前のこと。全国各地の農家で住み込みで作業を手伝う形で続けてきた研修を終え、古河市から常陸大宮市に移住し、独り立ちした今は、自宅近くの畑で、野菜作りに精を出しています。育てている野菜は、今回ご紹介しているさといもや、レタス、水菜など、多岐にわたっています。苦労は多いようですが、充実した毎日を送られている様子です。いま力を入れているのは、畑の土作り。おいしい野菜が育つようにと、無農薬野菜の栽培を実践しています。常陸大宮市の山方地区といえば毎年、『芋煮会』が開かれています。その芋煮の主役がさといもです。

 

 

 

担い手不足と高齢化が課題なのは、山方地区も同じです。佐藤さんによれば、芋煮会で使うさといもを生産する農家は年々減少し、佐藤さんがさといも生産の多くを担っているそうです。まるSUN農園のさといもは道の駅かわぷらざなどで販売されているほか、や、県内外の個人客に宅配便で配送しています。大きさや形などが適合しない規格外の商品は「tabeloop」(たべるーぷ)のサイトでも扱っているそうです。まるSUN農園の野菜、ぜひご賞味ください。

2019年02月25日(月曜日)

「いばらきの、生産者さんこんにちは。」常総市の特産物「ズッキーニ」、「きりちゃんふぁーむ」の中山嘉一(なかやま・よしかず)さん!

2019年2月25日の「いばらきの、生産者さんこんにちは。」は、常総市の特産物「ズッキーニ」を生産する生産者のご紹介でした。メッセージは、農産物の6次産業化で、日本酒に合うズッキーニのピクルス「百年の恋をしました」を生産している、常総市の「きりちゃんふぁーむ」の中山嘉一(なかやま・よしかず)さんでした。

 

 

ズッキーニは比較的新しい野菜ですが、最近では人気が定着しつつあります。ほのかな甘みがあり淡白な味わいで、皮も柔らかく皮ごと食べられます。ズッキーニを生産する中山さん、実は新規就農者です。都内を中心に演奏活動をするギターとウクレレを奏でるミュージシャンでした。つくば市内の公演で、奥様の元県職員、舞香(まいか)さんと出会い結婚され、常総市に移住。家業を継ぐ形で2017年、新規に就農しました。

 

 

農園では23アールの畑でズッキーニとレタスを栽培。ズッキーニの加工品が少ないことに着目し、付加価値を持たせようと、1年かけてピクルスを開発、「百年の恋をしました」と名付けました。取れたてのズッキーニを那珂市内で加工所を営む山崎明子(やまざき・あきこ)さんに依頼し、液に漬け込みました。1個税抜1200円。現在は中山さんの家で直売のみですが、4月に春物が取れたら市内の農産物直売所で扱う予定で、ここでしか手に入らないことをアピールしたいと意気込んでいます。

 

 

1月29日には、夫婦そろって常総市役所を訪れて、神達岳志市長にお披露目しました。

 

 

こちらのサイトもご覧ください!

 

https://faavo.jp/tsukuba/project/3582

 

 

 

 

2019年02月25日(月曜日)

「いばらきの、生産者さんこんにちは。」鉾田市の「小松菜」、塩田善一(しおた・ぜんいち)さん!

2019年2月11日の「いばらきの、生産者さんこんにちは。」は、鉾田市の生産者が作る「小松菜」のご紹介でした。メッセージは、鉾田市の塩田善一(しおた・ぜんいち)さんでした。

 

 

「これまでに取り組まなかったことに取り組みたい」という思いで9年前、IT業界から転職した塩田さん。都内から鉾田市に移住した新規就農者です。6千平方メートルあるビニールハウスで、外食用や小売り用に小松菜を生産します。7年前から本格的に小松菜栽培を始めました。

 

 

土作りや、水の管理など、安全安心で、生命力あふれる小松菜を作ろうと、様々なことに取り組みます。畑は、研修先の生産者に譲ってもらいました。塩田さん、取材した日も、朝からもくもくと、農作業に励んでいました。そして、小松菜たちも、有機肥料をたっぷりとすきこんだ農地で、すくすくと育っていました。

 

 

 

土質の良さと、豊富な地下水はおいしい小松菜を育てるために欠かせない条件ともいえます。畑には、張りのある濃い緑色と、くせのないシャキッとした食感の小松菜が植えられていました。

 

 

小松菜といえば江戸時代に改良されてできたといわれる野菜。冬が旬で、かつては秋や冬に流通しましたが、いまは露地での周年栽培が盛んで、塩田さんも周年栽培に取り組んでいます。3年前には婚活パーティーで奥様と出会い、ご結婚されました。生産活動にもますます力が入りそうです。なお、塩田さんの小松菜は、小美玉市内を経由して出荷されます。

2019年02月25日(月曜日)

2019年2月19日(火曜日) < いばたべGO! ~石岡市・常陸の輝き(茨城県新ブランド豚肉)編~ >

第11回『いばたべGO!』with KATSUMIさん。県内の旬のおいしいものを探し求めて、石岡市の武熊牧場さんにおじゃましました。今回ご紹介するのは…茨城県の新ブランド豚肉「常陸の輝き」☆

 

「常陸の輝き」は、2018年8月に発表されたばかりの銘柄豚肉。

茨城県畜産センターが開発した、デュロック種の系統豚「ローズD-1」を交配した三元豚を専用の飼料でじっくり育てあげることで、柔らかく旨味があり、香りの良い肉質を実現したとのこと。

 

お話を伺ったのは武熊牧場 代表 武熊 俊明さん。

 

 

「養豚をするにあたり、一番気を付けていることは近所へ広がる匂い。食肉を扱っているので、人を嫌な気分にさせてはいけない。人に見せられる豚舎、環境づくりを心がけています。」とのお話の通り!徹底された環境でした。

 

 

そして「常陸の輝き」の美味しさの秘密は、なんといっても専用飼料。

麦類やお米、さらにアミノ酸や乳酸菌などを配合し、腸内環境を整えることで、匂いも抑え、体のバランスを整えるといった工夫が行われています。

 

 

 

安心安全にこだわった、究極の豚肉!

さらに通常の赤身の脂肪は2%のところ、「常陸の輝き」は4~5%ということで、旨味がギュギュっと詰まってます。

 

 

そんな「常陸の輝き」を使って、今回はどんなお料理なのかしら?!

<いばらき食のアンバサダー> Ryo-ri雄 店主の佐藤 雄一さんがご紹介する

オリジナルレシピは『白菜と常陸の輝き(豚バラ肉)のミルフィーユ仕立て』☆

 

<白菜と常陸の輝き(豚バラ肉)のミルフィーユ仕立て>

●材料
白菜    3〜4枚
常陸の輝き 豚バラ肉150グラム
新玉葱   2分の1個
塩、胡椒  適量
ポン酢   適量

●つくり方
1、 白菜を適当な大きさに切る
2、 白菜豚バラを交互に並べる
3、 2を蒸し器に入れ蒸す
4、 新玉葱すりおろしとポン酢を
5、 合わせつけダレを作る

 

 

 

今回使用したのは、「常陸の輝き(豚バラ肉)」でしたが、脂がほどよく白菜に染み込んで、お肉と白菜の旨味が十分に発揮されてました。

何より驚いたのは、灰汁がほとんど出ないんです!(^^)!

 

 

茨城県の新ブランド豚肉「常陸の輝き」、食べてみなきゃ分からない~、この美味しさ!

疲労回復や美容にも良い豚肉、要チェックです♪

 

 

 

新ブランド発足後、お忙しい中ご協力をいただいた皆さま、ありがとうございました。

※詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

 

 

 

2019年02月25日(月曜日)

「いばらきの、生産者さんこんにちは。」石岡市で豚の新ブランド「常陸の輝き」 を生産している、武熊牧場の武熊俊明(たけくま・としあき)さん!

2019年2月18日の「いばらきの、生産者さんこんにちは。」は、茨城県の新ブランド豚「常陸の輝き」を生産する生産者のご紹介でした。メッセージは、石岡市下林の養豚農家、武熊牧場の武熊俊明(たけくま・としあき)さんでした。詳しくは動画で!

 

 

 

2019年02月09日(土曜日)

「いばらきの、生産者さんこんにちは。」、那珂市の「常陸牛」、那珂市アグリビジネスネットワーク「フェルミエ那珂」副会長の峯島勝則(みねしま・かつのり)さん!

2019年2月4日の「いばらきの、生産者さんこんにちは。」は、那珂市の「常陸牛」の生産者のご紹介でした。メッセージは、那珂市のアグリビジネスネットワーク「フェルミエ那珂」副会長の峯島勝則(みねしま・かつのり)さんでした。

 

 

峯島さんは、那珂市で米などを生産しながら、「峯島牧場」を経営する黒毛和牛の生産農家です。バードライン沿いの牧場は心が癒される風景です。峯島さんが生産する「常陸牛」は県がブランド牛として売り込む肉です。黒毛和牛のうち、脂肪が筋状に入る霜降りのバランスが良いことや、肉がきめこまやかであることなど、優れた品質のものが認定されます。

 

 

近年、和食ブームを背景に国産牛肉の海外での人気が高まっています。こうした中、茨城特産の和牛「常陸牛」の付加価値を高め、もっと世界に売り込み、県内からの常陸牛の輸出を拡大させ、地域の活性化に繋げる動きも活発です。国内外で常陸牛を使った料理を食べて貰い、PRに懸命です。常陸牛は神戸牛や松阪牛など名だたるブランド牛に勝るともおとらない品質を誇るまでに成長しましたが、存在についてはまだまだ知らない人が少なくありません。峯島さんもメッセージでもあったように、生産した「常陸牛」を「ふるさと納税」の返礼品に使ってもらおうと、那珂市に提供し、PRに努めます。インターネット上にある専門のウエブサイトにも紹介されています。「峯島牧場のサーロインステーキ」と検索し、名人和牛をご賞味下さい。

2019年02月09日(土曜日)

「いばらきの、生産者さんこんにちは。」那珂市の「ブロッコリー」、那珂市アグリビジネスネットワーク「フェルミエ那珂」副会長の会沢留美(あいざわ・るみ)さん!

2019年1月28日の「いばらきの、生産者さんこんにちは。」は、那珂市の「ブロッコリー」の生産者のご紹介でした。メッセージは、那珂市のアグリビジネスネットワーク「フェルミエ那珂」副会長の会沢留美(あいざわ・るみ)さんでした。

 

 

 

「ブロッコリー」といえば、栄養豊富で低カロリー。健康や美容に気遣う人に人気の野菜です。ブロッコリーは、つぼみの部分を食べる野菜。収穫が遅れると花がひらいてしまい、食感も味も悪くなります。逆に早すぎると、つぼみがしっかりと付かなかったり、株が小さくなったりするので食べ応えがなくなってしまいます。収穫は年間を通して行われ、大きさも食感も一番良い瞬間を見極めて収穫しているとのことです。

(写真はスタッフの取材の様子)

 

 

ちなみに、会沢さんの畑ではブロッコリーのほかに、キャベツや、リーフレタスも年間を通して収穫できるとのこと。夏は、スイートコーンや五色のカラー人参、コールラビ、ピュアホワイトが収穫できます。定番の他にも、普段あまり目にすることのないスイートバジルやトレビス、アーティチョークなどの作物も育てています。最近は飲食店の要請でホースラディッシュの生産にも取り組んでいます。

 

  

 

フェルミエ那珂では、地産地消の推進として、「曲がり屋まるしぇ」を毎月第3金曜日に開催し、地元の消費者の方との交流をとおして、地元産農産物の魅力発信を行っています。「曲がり屋まるしぇ」で、会沢さんの作った野菜に出会ってください。

2019年01月21日(月曜日)

「いばらきの、生産者さんこんにちは。」那珂市の「トマト」、那珂市アグリビジネスネットワーク「フェルミエ那珂」会長の綿引桂太(わたひき・けいた)さん!

2019年1月14日の「いばらきの、生産者さんこんにちは。」は、那珂市の「トマト」の生産者のご紹介でした。

 

 

メッセージは、那珂市でアグリビジネスネットワーク「フェルミエ那珂」会長を務める綿引桂太(わたひき・けいた)さんでした。1年を通して食卓にのぼるトマトの多くは、農業用のビニールハウスで栽培されています。害虫や病気の被害を受けないよう、虫が入りにくく、雨や風を凌げるハウスでの栽培を実践しています。

 

 

日差しにも弱いので、ハウスをカーテンでおおっています。管理する事ができ、安定して出荷ができます。トマトは赤くなる前に出荷します。店に運ばれていく間にも、だんだんと熟す「追熟」(ついじゅく)があります。店に着くころにちょうどよい色になるよう、赤くなる前のトマトを選んで収穫しています。

 

ちなみに「フェルミエ那珂」は市内の生産者と直売所などで構成し、栽培技術の向上や、ブランド力向上、6次化の推進、宣伝などを行っています。ロゴマークは「トマト」をモチーフに、水戸農業高校の生徒がデザインしたとか。綿引さんからいろいろとお話を伺うことができました!

 

(写真は綿引さんと取材スタッフ)

 

 

 

 

2019年01月21日(月曜日)

「いばらきの、生産者さんこんにちは。」坂東市で「鍋ねぎ」 を生産している、JA岩井園芸部会の後藤隆士(ごとう・たかし)さん!

2019年1月21日の「いばらきの、生産者さんこんにちは。」は、坂東市で「鍋ねぎ」を生産している、JA岩井園芸部会の後藤隆士(ごとう・たかし)さんのメッセージでした。詳しくは動画で!