IBS茨城放送 食プロジェクト

IBS茨城放送 食プロジェクト

最近の記事

バックナンバー

2019年01月16日(水曜日)

2019年1月15日(火曜日) < いばたべGO! ~ 坂東市・鍋ねぎ(なべ味物語)編 ~ >

第10回『いばたべGO!』with KATSUMIさん。県内の旬のおいしいものを探し求めて、坂東市におじゃましました。今回ご紹介する、旬のおいしいものは・・・冬限定の鍋ねぎ(なべ味物語)☆

 

茨城県は全国トップクラスのねぎの産地。

今回は、ねぎはねぎでも冬限定の「鍋ねぎ(なべ味物語)」というもの。

普通のねぎとの違いは?!鍋でしか食べられないの?!

 

お話を伺ったのは坂東市で約15年、鍋ねぎを生産されている、後藤 隆士さんと美智子さんご夫妻。

 

 

鍋ねぎとは、下仁田ねぎと白ねぎの掛け合わせとのこと。

両方のねぎの特徴をいかしているので、葉の青い部分も白い部分もしっかりとしていて、

とてもバランスのいいスタイル!

 

 

ただし、暑さ寒さに弱く、とっても繊細なので、夏に土寄せをしたら、草取り以外は絶対に触らないとのお話。冬場の収穫シーズンまで、立派に育ってくれることを願いながら見守っているそうです。

 

 

そして鍋ねぎって…鍋でしか食べられないのではなく、鍋で食べると(煮込むと)甘さが引き立ち、とろ~りと柔らかいねぎの旨味が十分に味わえる!ということで付けられた名前とのことで、鍋以外のお料理でも十分おいしく食べられるとのこと!

 

 

そこで!あえて、鍋以外のオリジナルレシピをご紹介の<いばらき食のアンバサダー>は、HATAKE総料理長の神保 佳永シェフ☆そのお料理とは…。

『 焼きねぎのとろけるチーズ添え~フライパン一つで出来る簡単料理 』

 

 

 

焼きねぎのとろけるチーズ添え (フライパン1つでできる簡単料理)

< 材料 >

・ネギ 3本

・バター8グラム

・塩少々

・醤油大さじ1.5杯

・ピザ用チーズ100g

・イタリアンパセリのみじん切り少々

・オリーブオイル大さじ1杯

 

< 作り方 >

 

  • ネギを長さが6〜7センチの筒切りに揃える。
  • フライパンを温め、何も敷かず軽く塩をして、まずネギの表面を香ばしく

焼き色をつける(蓋をして)。

  • ある程度ネギに焼き色がついたら、バターを加え焼き進める(蓋をして)。
  • ネギに火が通って来たら、醤油をまわしかけネギを等分にフライパンの上で分け、

その上にチーズをのせて蓋をし溶かす。

  • 器に盛り、イタリアンパセリとオリーブオイルを掛けて完成。

 

※ポイントは、まずネギをフライパンで香ばしく空焼きすることで、

ネギの香りが生まれます。

 

 

ご覧のように、ねぎがつっやつやの「美人さん」に変身(←神保シェフ談)

 

お味は…。もう~言うまでもなく(●´ω`●)

試食をされたお三方の表情&コメントをどうぞご覧下さい。

 

今回とっても寒い中、ご協力をいただいた皆さま、ありがとうございました。

ねぎは身体を温めてくれるので、寒さに負けないように皆さんも召しあがれ~♡

 

※詳しくは、動画をご覧ください。