IBS茨城放送 食プロジェクト

IBS茨城放送 食プロジェクト

最近の記事

バックナンバー

2019年12月25日(水曜日)

2019年12月17日(火曜日)<いばたべGO!~茨城県のさかな・ヒラメ~>

第21回『 いばたべGO! 』は、茨城県のさかなとして指定されている、白身魚の代表‘ヒラメ’をご紹介。新鮮なヒラメを求めて☆そして、キレイな海が見渡せる日立市へGO!

今回おじゃましたのは、こちら(^^)/ 『ひたち湯海(ゆかい)の宿 はぎ屋』

 

 

 

ロビーの大きな窓からは見えるのは…海!海!海!
海をひとり占め出来ちゃう贅沢な空間 (#^.^#) その他、海藻を使用した元祖・かじめ湯など、お風呂も充実しています。

 

 

 

 

まずは、代表の萩庭 晴秀さんにお話を伺いました。

 

 

 

冬の冷たい海の中で育つヒラメは「寒ビラメ」と呼ばれ、肉厚でとっても美味しいとのことで、萩庭さんも大好きなお魚の一つだそうですよ~♪
お話を伺っている間に、新鮮なヒラメを使った自慢のお料理の準備が整ったとのことなので、料理長 川崎 英範さんの待つお部屋へGO!

 

 

 

今回のお料理は…ヒラメの魅力を色んなバリエーションで味わえる3品 !(^^)!

最初は、素材の味をそのまま味わう < ヒラメのお刺身 > 。
あま~~~い♡ これぞ!ヒラメ!という、純粋な味わい。

 

 

続いて、< 昆布〆ヒラメのサラダ風仕立て>
ヒラメにあん肝が巻いてあるという、超贅沢&幸せなお味♡ ポン酢に泡立てたメレンゲを混ぜて作ったというオリジナルドレッシング!これがまた、甘みのあるお魚に相性ぴったりのお味。

 

 

 

そして、寒い季節にぴったりの < ヒラメのしゃぶしゃぶ >
お鍋の中の出汁はヒラメの骨から!ということで、ほどよい香ばしさを感じながらのしゃぶしゃぶ、とっても温まります♡ タレはポン酢の他に、あん肝を使ったものもあり、一つのお鍋で旬の味を存分に満喫できます。

 

 

豊富な‘ヒラメ’料理。その料理法によって栄養も様々のようです。クッキングスクールネモト主宰・根本悦子先生のお話です。

 

 

茨城県のさかなとして指定されている‘ヒラメ’、ちょっと贅沢をして色んな味を楽しんでみてはいかがでしょうか☆ そして今回は、お家でも簡単に出来る<ヒラメ料理>を、特別に料理長に教えていただきました(※動画をご覧下さい)。

 

 

また今回ご紹介のヒラメ料理は、期間限定のコース料理の一部となっておりますので、ご予約等の際に『ひたち湯海(ゆかい)の宿 はぎ屋』まで、お問い合わせ下さい。

今回ご紹介のお店については「茨城を食べよう」のホームページから、「県産品を味わう」をクリック→「味わえるお店」で検索ができます( ..)φ

お忙しい中、収録にご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

※詳しくは、こちらの動画をご覧ください。